フケ(頭垢)の予防


一般に、皮膚は身体の外側から順に、表皮、真皮、皮下組織の三層からなっていて、その厚さは平均して2o程度で、体重にして16%程度で、全身を被って保護し、保湿、体温調節、分泌作用を行っています。


表皮は約0.1 mm程度で、何層かの外側の角質層は数十枚の偏平な角質細胞で出来ていて、常に代謝して新しくなっています。


ホームページ1

ホームページ2


フケの原因

普段でも角質層が剥がれているのですが、フケの場合には、角質細胞が塊となって、目に見える状態で落ちているのです。


皮膚は常に基底層で細胞分裂を繰り返し、その前に分裂してできた細胞を下から押し上げる形で表皮に移動し、目に見えないほどの小さな角質片の垢となって落ちていきます。


細胞分裂で細胞が生まれてから剥がれ落ちるまでの代謝を「角質代謝」というのですが、フケ症の場合は、細胞分裂が盛んでこの周期が早く、剥がれる屑が多いといえるのです。


頭皮には毛髪がすきまなく生えていて、その毛髪には皮脂腺があるため皮脂が多いので、皮脂によって角質細胞が塊となりやすく、密生した毛髪のため角質片が落ちにくくフケが貯まりやすいのです。


また毛髪の間の汗腺から出る汗も蒸散しにくいので、微生物が繁殖しやすく、皮脂、汗、タンパク質の分解が起きやすくフケになりやすいのです。


年代によってフケの量が変わる

一般に、フケは子供には少なく、思春期に現れ始め、数年問で次第に増大していき、ピークは十代の後半から二十代の初期にかけてで、その後徐々に低下し、老年期には急に減少するものです。


また、一般にフケは夏に少なく、冬に増加しますが、これは、夏は洗髪回数が自然と多くなる事や、汗などで流されるからのようです。


フケを予防するには

何と言っても洗髪です。洗髪が充分であればフケは少なく、不充分であればフケも多くなります。


毎日洗髪すれば、ほとんどフケ気にはならないでしょう。


フケが長くたまると、頭皮を刺激して痛みを起こし、これをかきむしることによって、角質の代謝が促進され、さらにフケが多くなるという悪循環を繰り返し、ついには皮膚炎を起こす原因ともなります。


さらに、フケの多発は毛孔をふさぎ、毛包中に皮脂がたまって、毛髪の固着力が低下し、脱毛の原因となる場合もあります。





からんさ(花蘭咲)

フケ予防