髪を美しく保つために

ヘアケアとは、毛髪をいかにして長い間健康で美しく保つか、という事でしょう。

 

表面に出ている部分の毛髪(毛幹)は、組織としては死んでいるので、再生という事はできません。

 

毛髪は、乾燥させるとパサパサになったり、枝毛になったりしますので、しなやかで艶のあるキレイなを保つという事でヘアケアに含めるとも出来ます。

 

同じ表面の組織でも皮膚は、たえず新陳代謝を繰り返かえしていて、自分を新しく作る生きている組織なので、たとえ傷ついても、自分でそれを元に戻すことができますから、育毛と言えるでしょう。

 

ですから、ヘアケアは生きている組織と死んでいる組織と区別してヘアケア対策をする必要があり、いずれも髪を美しく保つために重要です。

 

 

毛幹(毛髪)は生きていないので、一度傷つくと、自分の力でもとに修復することはできず、いつまでも傷ついたままです。

 

その上に、いろいろな環境刺激によって、損傷が大きく 損なってくることも多く、その結果「切れ毛」「枝毛」ができます。

 

枝毛を治す化粧品は、切れ毛の外側をくっつけるだけであって、根本的に切れ毛を冶しているのではありません、化粧品を洗い流すと、毛髪はもとの切れ毛に戻ってしまいます。

 

このようなことから、ヘアケアのためには二つの点を考慮しなければなりません。

 

一つ目は、いかに丈夫で健康な毛髪を作るかという事、二つ目は、すでに生えている毛髪をどのように保つのかという事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL